2010年04月02日

<普天間移設>「沖合案」撤回申し入れ 社民と国民新(毎日新聞)

 社民党の阿部知子政審会長、国民新党の下地幹郎国対委員長らが31日、首相官邸に平野博文官房長官を訪ね、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合に人工島を建設する政府の検討案について「基地が恒久化されることになる」と撤回を申し入れた。平野氏は「米側との交渉は非常に厳しい。(基地の)危険性の除去という認識に立って決断したい」と述べるにとどめたという。

 米側は移設先を見直す前提として地元と連立与党の合意を求めており、沖合案に積極的な平野氏は苦しい立場に立たされている。【西田進一郎】

【関連ニュース】
普天間移設:米国防長官「海兵隊は沖縄にいる必要がある」
普天間移設:「現行案が最善」米国務長官が強調
普天間移設:政府案「月内」断念 米の反応厳しく
郵政改革:首相、連立を優先 郵貯上限2千万円
谷垣総裁:「気迫持って迎えたい」党首討論に決意

<強姦>時効寸前、男を起訴 水戸地検(毎日新聞)
群馬県が全国初の「高齢者居住安定確保計画」を策定(医療介護CBニュース)
コウノトリ 卵がふ化 2羽が誕生 兵庫・豊岡(毎日新聞)
郵政政策会議、決定過程に異論出ず=30日、閣僚懇で調整(時事通信)
よど号事件40年 元赤軍派「結果的に間違い」(産経新聞)
posted by ヒラマ コウイチ at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。